記事一覧

パテック フィリップがクォーツ開発競争の黎明期に貢献したかを示す新たな展示会

1980年代にチューリッヒの空港を通過する際、自分の位置を確認したり、時計を現地の時間帯に合わせたりするための場所が必要なとき、おそらく空港の中央にある“ミーティングポイント(Meeting Point)”と書かれた大きな箱型の看板の下にある時計に行き着いたことだろう。

それは、かつて町の時計がその町の道標であった時代を偲ばせる。チューリッヒ空港の時計は、空港内の時計を同期させるパテック フィリップの最新鋭の電子計時システムの特別衛星機であり、空港の威信をかけた設備であった。

この象徴的な時計が、時計ディーラーのCollectabilityとAnalog:Shiftの新しい展示会“ミーティングポイント(Meeting Point)”のインスピレーションとなった。30個以上のパテック フィリップの電子マスタークロックとデバイスが展示され、7月13日(水)からニューヨークのAnalog:Shiftのオフィスにて予約制で公開されている。8月末まで開催されるこの展示会は、この種のコレクションとしては最大級かつ最も歴史的に重要なものだ。また、パテック専用のヴィンテージおよび中古時計ディーラーであるCollectabilityのジョン・リアドン(John Reardon)氏は、これらクロックのコレクションをパテックがクォーツ開発競争の黎明期において果たした役割の証拠と形容している。

パテックフィリップ アニュアルカレンダー 偽物 5905P-001

ボリューム感のあるケースデザインなど、パテック上位機種の風格を存分にお楽しみいただけます。

カレンダーは左から曜日、日付、月を窓で表示。

6時位置のクロノグラフ積算計は時針と分針を同軸に設けることで、時間を読むように経過時間を容易に知ることが出来ます。

型番:5905P-001

機械:自動巻き

材質名:プラチナ

ブレス・ストラップ:ストラップ

タイプ:メンズ

カラー:ブルー

外装特徴:シースルーバック

ケースサイズ:42.0mm

パテックフィリップ スーパーコピーは最先端の電子工学の研究において、時計製造の異端児として活躍したが利益も稼ぎ出した。精度に高いお金を払ってくれる大きな機関が需要の中心だったからだ。1963年当時、クロノトームの小型時計でさえ約8800スイスフラン(現在のレートで約480万円)と、ほかのパテック腕時計の8倍もの価格だったのだ。

ほとんどの顧客は1964年に導入された、ふたつまたは3つの別々のモジュールからなるパテックのクロノクォーツT2またはT3ユニットに依存しており、これらはパテック フィリップの電子マスタークロックのカタログを支える屋台骨であった。これらの独立したクォーツ時計は、より広いシステム全体のクロックの数百または数千に時間を中継する信号を送信する前に、誤差が100分の1から1000分の1秒以内に収まることを確認するためにお互いをクロスチェックする機能を持っていた。

1960年代半ばになると、パテックは多くの顧客にシステムを提供するようになった。同社はフランス海軍、イタリア海軍、原子力発電所、鉄道駅、ラジオ・テレビ放送局、病院、チューリッヒ、ジュネーブ、フランクフルトの各空港、国連、バチカン、果てはNASAにまで時計を販売した。

コメント一覧

totecopy 評判 URL 2022年08月06日(土)08時46分 編集・削除

届かない?届いた。スーパーコピー ちゃんと 届いた

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー