記事一覧

【20万円台の価格破壊トゥールビヨン】ドイツ品質にこだわるヴァルドホフのウルトラマティックを実機レビュー

機械式時計の最高峰として知られるトゥールビヨン。脱進機と調速機を籠型のキャリッジの中にまとめて回転させて姿勢差を平均化する複雑機構であり、その歴史は1800年代まで遡る。

パーツの製造、組み上げ、調整には高度な技術とコストが必要であるため、これまでは一般的に数百万円という高額モデルが当たり前だったのだが、時計製造技術の発達やトゥールビヨンに特化したサプライヤーの登場により、20万円前後の手の届く価格帯でトゥールビヨンを展開するブランドが数を増やしている。

こうした、“デイリーユースできるトゥールビヨン”の多くは、香港や中国のサプライヤーからムーヴメントを仕入れることでコストを抑え、20万円前後の価格を実現しているのだが、品質管理が甘く、時計のクオリティーにかなり違いがあるのも事実。手頃な価格でトゥールビヨンを楽しめる反面で、実際に時計を手に入れるとなると、品質やメンテナンス体制など、注意すべきポイントが多いのだ。

今回は、そんな“デイリーユースできるトゥールビヨン”のなかから、ほかとひと味違う品質と魅力を備えているドイツの時計ブランド、ヴァルドホフに注目し、精度の安定性を高めるため、自動巻きから手巻きに改良を施した同社の代表作“ウルトラマティック”を実機レビューしていく。

 なお、タイムギア(TIMEGear)の公式YouTubeチャンネルでも、ヴァルドホフの実機レビュー動画を公開している。より細かい仕様を確認したいという人は、そちらもぜひチェックしてみて欲しい。

【今回の実機レビューモデル】

WALDHOFF(ヴァルドホフ)
ウルトラマティック

■素材:ステンレススチール、レザーベルト(交換用ブレスレット付属)
■サイズ:42.5mm、ラグ上下約50mm、厚さ13mm、100.5g、ラグ幅22mm
■防水性:5気圧防水
■ムーヴ:手巻き(Peacock 5212 Co-Axial Tourbillon)、40時間、2万1600振動
■価格:25万4000円


【関連記事】:http://feltart.cocolia.net/img/diary.cgi

コメント一覧