記事一覧

2022年新作時計“エアキング”の詳細と、既存ミルガウスと旧エアキングの相場への影響について!|ロレックス通信 No.140

去る3月30日にロレックス スーパーコピーの2022年新作モデルが公開された。当ウオッチライフニュースでも速報として、同日に取り上げているためご存じの方も多いかもしれないが、去就が注目されていたエアキングとミルガウスについては、結果的にはモデルチェンジされたのはエアキングだけで、ミルガウスは現状のまま販売が継続されるという意外なものだった。

ではこの結果を受けて並行輸入での両者の実勢価格相場はどのように動いたのかを見てみると、先週の金曜日(3月25日)に比べて直近4月1日の定点チェックでは、ミルガウスで6万円、エアキングで2万円の上昇と両者とも極端な動きにはなっていない。特にエアキングに至っては、今回モデルチェンジが明らかになったわけで、これまでのロレックスの流れだと旧型は今後買えなくなるため急激に上昇しても良さそうなものだ。しかしそれをまったく感じさせない意外な動きとなった。ただし今後どうなるかは、いまのロレックス市場を考えると正直わからない。

2022年 新作モデル ロレックス エアキング スーパーコピー オイスター、40 mm

モデルケース:オイスター、40 mm、オイスタースチール

オイスター アーキテクチャー:モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

直径:40 mm

素材:オイスタースチール

ベゼル:スムース

ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻

ブレスレット:オイスター(3 列リンク)

ブレスレット素材:オイスタースチール

クラスプ:セーフティキャッチ付オイスターロック、イ

ージーリンク(約 5 mmのエクステンション

リンク)

ダイアル:ブラック

詳細:クロマライト ディスプレイ (青色発光の長

時間継続ルミネッセンス)

オイスタースチールの40 MMケース、オイスタークラスプ付ブレスレットと、特徴的なブラックダイアルを備えたエアキングは、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ時計なのだ。

これはあくまで筆者の予測にすぎないが、だとすればミルガウスは来年以降しっかりとモデルチェンジが実施されるような気がする。なぜかというと現在オメガにはミルガウスの15倍の1万5000ガウスの耐磁能力をもつ耐磁時計がある。そのためミルガウスは性能的にみるといまではかなり劣るからだ。

かつてシードゥエラーが防水能力で他社に先を越され、ロレックスは後に他者を圧倒する驚異的な防水能力のダイバーズウオッチ、ディープシーを商品化している。このようにミルガウスをロレックスを代表する最強の耐磁時計として再び商品化することは、実用時計として常に最先端を追い求めてきたロレックス にとっては、ある意味自然な流れのような気がする。


【関連記事】:コピー品を買ってしまった

コメント一覧

ヴァンクリスーパーコピー URL 2022年04月14日(木)13時36分 編集・削除

イベントはヴァン クリーフ&アーペルの公式アカウントから事前申し込みできるので気になる人はチェックを